グリーンチーム

緑が好きなお転婆娘のホンネってなんだろう?

お役立ちリンク

腸内環境 サプリメント シースリー 効果 口コミ

緑いっぱい広がる森のように

皆さんは昔を思い出して感傷に浸るタイプですか?

昔の思い出は昔の思い出だ!と割り切って感傷に浸らないタイプの人間は居るかと思うのです。

その逆で昔のことを思いだして感傷に浸るタイプの人間も居るかと思います。

私は、何:何で感傷に浸るか浸らないかは分からないのですが、個人の予想を述べさせていただきます。

多分5:5で割合でいうと5050(フィフティーフィフティー)かと思います。

私はどちらかというと感傷に浸るタイプの人間なのです。

小学校・中学校・高校・大学と卒業前日に担任の先生が全生徒を集めて集合写真を撮りますよね。

ぞして、その撮影した集合写真を卒業アルバムに入れて担任の先生が卒業式当日に渡してくれたのです。

そのアルバムの中には全生徒の集合写真だけではなく皆と行事した時の思い出(例えば:キャンプや修学旅行や遠足)の写真や修学旅行先やキャンプ先・遠足先で各生徒と遊んだ思い出や各生徒とふざけ合った思い出などの写真も担任の先生はアルバムの中に入れているのです。

そんな卒業アルバムを学校を卒業してから何年か経つと徐(おもむろ)にそのアルバムを見つけて開くのです。

そして、あの頃は良かったなーと感傷に浸っているのです。

ちなみにアルバムのカバーも緑色です。

私はそのアルバムを開くと必ずといっていいほどにかける曲があるのです。

それは松任谷由美の『卒業』という曲なのです。

私は卒魚アルバムを開くと感傷に浸ってしまうのにそこに松任谷由実の『卒業』という曲を聞くと更に感傷に浸ってしまうのです。

そして昔をとても懐かしんで感情のコントロールが出来なくなるのです。

そして私は思わず涙が出てしまうのです。

こういう時って何故涙が自然に出てしまうのでしょうか?

 

雨は大っ嫌い!!

 

梅雨の時期は皆さん洗濯物はどうしていますか?

大半の人間はコインランドリーで洗濯しているかと思うのです。

大半の人がコインランドリーで洗濯物を洗濯しに行く理由は梅雨の時期は自宅で洗濯物を洗濯してもが中々乾かないのです。

何故梅雨の時期になると洗濯物が中々乾かないかというと梅雨の時期はジメジメしているので、中々乾かないのです。

なので、そう考える人はコインランドリーに行くかと思うのです。

でもコインランドリーに行く距離を考えればやはり洗濯物が中々乾かないといっても自宅の洗濯機を活用するべきなのです。

しかもコインランドーで洗濯をすると150円ぐらい取られるのです。

いくら取られるお金が安いといっても梅雨の間ずっとコインランドリーに行くとどうなりますか?

お金が高くなりますよね。

だから洗濯物のためにお金を支払うなんて考えられないのです。

私はそう思うのですが、お金を払ってもグリーンのコインランドリーで洗濯する人が居るのです。

私のお姉ちゃんも私と同じ考えなのです。

洗濯物を洗濯するためだけにお金を支払って洗濯するなんて・・・という考えを私のお姉ちゃんももっているのです。

私の自宅では梅雨の時期でも乾きが悪くても自宅の洗濯機を活用しているのです。

天気が良い日でも緑色のコインランドリーに洗濯しに行く人も居るのです。

それも私からしたら考えられないのです。

結果、私の自宅では梅雨時の時も天気が良い日でも自宅の洗濯機を活用して洗濯物を乾かしているのです。

従って、私たち家族は洗濯物を洗濯しに別の色のコインランドリーには行かないのです。

Copyright© 2016 Green Teams